代表挨拶

エピソード01

大工になったのは24歳の時でした。

当初は大工になりたいとかなかったのですが

色々な経験をした方がいいかと思い大工の修行がはじまります。

初日・・・親方、兄弟子さんに挨拶です。一瞬で帰りたくなりましたね(笑)もうどっかの組の方ですか?と思う第一印象・・・

 

「アカン・・逃げたらえらい事なる。」

 

腹をくくり入門します。ですが、見た目とは別で優しく、時には厳しくでしたが、職人としての「腕・段取り・要領」など沢山のことを指導して頂き、最高の親方の下で修業させて頂いた6年間でした。

大工工事の風景
エピソード02

修行を6年間へて30歳で独立。

独立と言えば得意先様、お客様から見れば、棟梁なんです。

6年間で全て完璧に仕事をこなせるはずもなく、無謀だったかもしれません。

ここからが本気で修業の日々でした。学ぶことが多かったのです。

独立後も師匠(親方)には色々なサポート、アドバイスなどして頂き仕事も順調に頂ける様になりました。感謝しかありません。

この時期が私にとってより大工として成長できたのではないかと思います。

人物の手元の画像
エピソード03

営業。

おかげさまで切れることなく仕事の受注もあり職人さんにも恵まれ数多くの物件に携わらせて頂きました。長年にわたり大手住宅メーカー様の下請けでした。営業活動をしなくても次から次へと仕事が頂けるのです。景気も今ほど悪くなかったですから・・・

 

しかし、転機が訪れます。

長年お世話になった得意先様からの撤退を決めました。これから先の仕事を確保しなければいけません。(営業したことない人)汗

技術力があっても営業力がないことを痛感させられます。自分で仕事をいただく事の難しさ、毎日が必死そしてそこから辛く、厳しい日々が始まるのでした。

ビルの画像
エピソード04

建築業界に20年。

 

私を助けてくれた大工仲間がいた。

私に仕事を紹介してくださった沢山の業者様がいた。

私に仕事を依頼してくださった沢山の会社があった。

私をいつも応援してくれる家族がいる。

 

私は、自分で何とかしたと言うよりも、たくさんの方々に支えられ今がある。

 

 

そして、未来へ

空の画像
未来へ
miraieロゴ

2015年3月
ミライエ 有限会社岡崎建築としてスタートしました。

 

リフォーム工事を通して地域のお客様に貢献したい。

「ありがとう」のお言葉を頂ける様に・・

 

今まで培った大工としての経験と技術を活かし安全の為、出来る事、やってはいけない事、安心して暮らせるような提案、プロ意識を持ちお客様の理想に限りなく近づける様な住まいづくり。私たちは取り組んでまいります。

 

当社の価格は、最安値ではないでしょう・・かと言って、最高値でもないはずです。何が言いたいのかと申しますと、安くてもいいから仕事ない?って業者さんでは心配なんです(笑)
お客様同様、私共も安心したいからです。信頼できる業者選びプロ意識をもった職人さんって
安請負なんてしないんですね。引っ張りだこなんです。

 

価格より仕事の『質』で評価して頂きたいのです。